島くらし淡路

淡路島ローカル情報CO TO CO

こ  と  こ

B面淡路島~あっくんバーガー編~

あっくんバーガーと出会ったのは3年前、移住して間もない頃、近くのスーパーに行く途中、「ハンバーガー」と書かれたのぼりと黄色のキッチンカーを見つけ立ち寄ったのがきっかけ。

 

こんなところで屋台でもないのにハンバーガーが自由な感じで売られているのは、さすが淡路島だなぁと感じた。 スーパーの帰り、どうしても気になってそのキッチンカーに立ち寄ったが、その日は残念ながら売り切れ。ハンバーガーを作っているのはまだ若い青年たち。彼らは売り切れてしまったことを気にして、「明日良ければ取り置きしておきますよ!」と明るく言ってくれた。なんて親切なんだろうか。

 

翌日、再び黄色いキッチンカーの元へ。ハンバーガーは注文してから焼いてくれるので、いつでもアツアツの焼きたてが食べられる。ハンバーガーの中身は国産牛のミンチにベーコン、淡路島で採れた新鮮なレタスとトマト、そして特性デミグラスソースとマヨネーズ。バンズは地元で有名な手作りパン屋さんのもので、生地も硬すぎず柔らかすぎず優しく具材を挟んでいて、淡路島でしか食べられない、いわゆる淡路島バーガーの一つ。味は全然脂っこさがなくて、特性デミグラスソースが素材を邪魔せず具材を引き立ててくれている。 このハンバーガーはこれまで食べきた中で一番美味しくてクセになる。

 

それ以来、ちょくちょく買いに行くようになり段々と顔なじみに。彼らもわたしと同じ3年前に移住し、同級生3人で「seeds blend」という会社を立ち上げ起業したという。

 

 

彼らはハンバーガーだけでなく畜産も手掛け、近い将来、宿泊や販売、最終目標は就労支援の場所を作りたいという大きな野望がある。

 

そんな未来への夢ある彼らを見て、誰もが刺激を受け、今ではハンバーガーだけでなく彼らに会いに来る大勢のファンが足を運ぶ。現在は店舗を構え、更に、海が一望できる西海岸方面にも2店舗目を増やし、現在、リニューアルの準備に取り掛かっている。3年前、黄色の小さなキッチンカーから始めたあっくんバーガーは段々と大きく広がり、今では誰もが知る淡路島バーガーの代表の一つとなった。でも、ハンバーガーの味は3年前に出会った時と同じ、変わらぬ美味しさがいつまでもファンを虜にするのである。

あっくんバーガー本店   淡路市志筑1368-7
あっくんバーガーリンクル店   淡路市尾崎4315-6
TEL 050-3187-5551

この記事を書いた人
小山真美

淡路島が大好きで3年前京都から淡路島に移住。淡路島の地元誌にしか載ってないお店や穴場スポットを巡るオリジナルツアーを企画することが好きで、この淡路島でいつまでも健康で暮らしていけるようファスティングと食のサポートを行っています。