癒しの島・淡路島の医療大学~学祭に行ってきました!

淡路市にある関西看護医療大学

生徒数、およそ400名   ~そのうち3割が男子!

看護・医療という専門職の知識と技術を学べる、4年制の私立大学です。

看護師国家試験合格率は、全国平均の91%より高い、98.8%だそう。

 

そんな大学の学祭、どんな催しがあるのか興味ありませんか?

私はちょっと気になりました。

ということで、行ってきました(^^)

   

  

 

フリーマーケットにバザー! 竹や木の実や植物を使った手作り体験(^^♪

体験型アトラクションもあり(笑)  美味しそうな模擬店もたくさん!

淡路のお野菜や、バームクーヘンのmaaruさんも来ていました。

 

学祭の雰囲気は、みんな楽しそうで他の大学と何も変わりませんでしたが、

やはり、医療大学ならではの学生主催イベントがいろいろありましたよ。

 

東北ボランティア活動報告、セラピーサークル活動紹介

エイズ・臓器移植・障害者支援啓発活動、

更年期対策のミニ講座と体操、足浴とハンドマッサージなどなど。

 

その中から

東北ボランティアの活動報告の発表を覗いてきました。

 

実際に震災があった宮城県七ヶ浜町の現地へ出向き、当時のお話を聞いたり、ハンドマッサージをしたりと、

震災の被害にあった方たちに寄り添い、心のケアまでする活動は素晴らしいなと思いました。

 

活動報告の発表は緊張している様子でしたが、

その姿も可愛らしく、彼女たちの優しさが伝わってきた、とても温かい発表でした。

 

その他、外部団体主催のイベントもあり、

 

骨盤矯正のメディカルカイロ、1本のゴムの上を渡るスラックラインなどもありました。

 

大人も子供も楽しめるものだけど、なかなかに難しく×××

インナーマッスルやいろいろな筋肉が鍛えられて、とても良い運動になりました。

芝生の上で伸び伸びとした雰囲気で良かったです。

 

門市長さんものびのび(*^^*)

 

学ぶ場所も、学ぶ内容と同じくらい大事なものなのだと感じました。

たくさんの美しい自然の癒しスポットに恵まれた

ここ

「淡路島」にあることも、

この大学の大きな魅力ではないかと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です