1月11日『移住者ランチ会』を開催しました

多彩な魅力を持つ淡路島。

そこへ移住を決意したさまざまな事情をひとつの冊子にまとめようと、
実際に移住したご家族にインタビューをすべく、ランチ会を開催しました。

年明け早々にも関わらず、みなさん快く集まってくださり、和気あいあいと楽しい会になりました。
その様子を少しお届けします。

陽だまりでは上着のいらないお昼前。
島くらし淡路に集合。
まずは自己紹介。
仕事ではない自己紹介は大人でもモジモジしますよね。
でもこの間に、参加した子供たちはもう交流し、遊び始めていました。

そして、食事の用意。今日のメニューはカレー。
本格的なインドカレーと、子ども達にも辛くないベジタブルカレーの2種類はどちらも香り高く、参加者の皆さんから大好評。サモサとアップルパイは食事を待ちきれない子供たちがねらってしまうほど! 美味しいものは人を饒舌にさせる力があります。子供たちの交流に混ざり合うように、隣り合う席で大人同士も打ち解けていました。

食事が落ち着いた順に家族単位で撮影、インタビューを行いました。大人たちが話している間は、他のご家族が子供たちの様子を見ています。こういうことが自然とできてしまうのも淡路島の魅力です。

途中、みんなでの集合写真をドローンで撮影しました。大人数、しかも子供の人数の方が多いのに、ドローンだと赤ちゃんまでみんなカメラ目線! あっという間に撮影は終わりましたが、子供たちはドローンと共に前後左右に移動していて、オペレータさんは大人気でした。どんな写真が撮れたのかは冊子ができてからのお楽しみです。

食後のデザートはビスコッティにみかんやりんご。何か出てくるたびに子供たちが集まり、両手に持ち、口にたくさん頬張って、また遊びに出かけます。たくさん遊んでたくさん食べて、子供たちが楽しそうな様子が大人たちの交流にも繋がりました。

移住して良かったこともあるけど、悪かったこともあるのか、実際に淡路市での子育て環境はどうなのか、暮らしや仕事はどう変わったのか、生の声を集める事ができました。これから淡路島に移住を考えている方が気になるのは、実際にどんな暮らしや生活になるかということではないかと思います。そんな方々の参考になるものができたらいいなと考えています。


島くらし淡路では、これからも淡路市での暮らしをイメージしてもらえるようなツアーやイベントを開催していきます。
淡路島での暮らしを考えている方は、ぜひ一度気軽に遊びにきてください。