【イベント】シンプルにおむすびを味わう会

10月8日

淡路島のなかでも米どころといわれる淡路市大町地区。今年の新米が用意できたよ!!という声が届いたので昨年に続いて今年もおむすび会を行いました。

今回は21名の方が参加し新米を味わいました。

お米の種類は「きぬひかり」

大町で50年以上お米を作っている方の田んぼで収穫した新米のみ!

他の地区、他の品種、他の方の作ったお米など一切混ぜていない「単一農家の新米」です。

どうせなら他の食材も淡路島産にしよう!!ということでおむすびの付け合わせ具材も揃えてみました。

img_0686

玉ねぎスープの具材ももちろん淡路島うまれです。

img_0715 img_0714

そして主役が炊き上がりうすーくお塩をまぶしておむすびにしました。

img_0701

img_0696

始めて島くらし淡路に来てくださった方もいるので

島くらし淡路の紹介をさせていただいたり、

img_0711

皆さんの自己紹介をしてもらったりしましたがなんせ目の前にはおむすびがあるのですから・・・

早めに切り上げて「いただきます!!」

と同時に手が伸びてきました。

img_0717

おむすびっていつもよりたくさん食べれるんですよね。
また、大勢で一緒にたべるとよりおいしいんですよね。

私もいつもより食べすぎ・・・

おなかが落ち着いてくると、生産者のかた、地元の方、移住して淡路島で活動している方が

お米の話から大町の話、淡路の話をしていると共通の知人がいたり、共通の話題があったり・・・

またおむすびに手が伸びたりと・・・

楽しい美味しい会と淡路島の食材の紹介が出来ました。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です